心が軽くなる本 「不安」を「安らぎ」に変える57のヒント

スポンサーリンク

本心を育む人生を出発しましょう

実は本心を育むのに一番有効な手段は『本を読むこと』です。
なぜなら、本を読むことは人との深い出会いになるからです

人望がある人に共通しているのは、常に本を読んでいることと言われています
私は50年に人生でそれを実感しました

FUJU
FUJU

今日は引用は

心が軽くなる本 「不安」を「安らぎ」に変える57のヒント

になります

今日の本の引用はこちら!

最近は、ホンネが軽視されがちです。現代の日本人は、タテマエばかりを前面におしたてホンネをいわない人間になってしまったようです。最近の社会的ストレスの過剰と、ホンネが消滅したことばの貧しさは、互いに深い関係をもっています。
きれいごとのタテマエのことばをもてあそぶことばかりに一所懸命で、感情や情緒といった心的エネルギーを浄化する美しい、心にひびくホンネのことばを見失ってしまったかのようです。
感情や本能というホンネが意識の領域にあるタテマエにねじ伏せられ、精神の活動が片肺飛行になってしまったというわけです。
感情や本能というホンネを理性というタテマエで押さえ込んでしまうと、たちまちストレスの餌食になってしまいます。ストレスと対抗するには、感情や情緒あるいは生々しい本能を奮い立たせる以外に方法はないからです。

『心が軽くなる本』PHP文庫

今日のポイント


タテマエの言葉は、心がこもっていない理屈の言葉になりやすい。そしてタテマエの言葉ばかりを話していると、ストレスがたまります。気持ちを伝えあうことのできる、信頼関係を築くことが重要ですね

コメント