いい言葉は、いい仕事をつくる 成功する人はいつも気高い「言葉の灯」をともしている

スポンサーリンク

本心を育む人生を出発しましょう

実は本心を育むのに一番有効な手段は『本を読むこと』です。
なぜなら、本を読むことは人との深い出会いになるからです

人望がある人に共通しているのは、常に本を読んでいることと言われています
私は50年に人生でそれを実感しました

FUJU
FUJU

今日は引用は

いい言葉は、いい仕事をつくる

 岬龍一郎 著 になります

今日の本の引用はこちら!

ソニー創業者の井深大さんが、本田宗一郎さんについて、こう語っている。

「技術者として、本田さんと私の間に共通していたのは、二人とも厳密に言えば技術の専門家でなく、ある意味で素人だったということでしょう」

もちろん二人ともすぐれた技術者なのだ。

ただ、技術から発想するより、「いままでにない、こういうものをつくりたい」からスタートして、達成のために技術を動員するというやり方で共通していた。

技術が先にきて、「できる」「できない」を判断しがちな専門家とはそこが違った。

技術者でありながら「素人的な発想」ができたからこそ、オリジナリティあふれる製品を世に送り出せたのだろう。

融通のきかない熟練工や専門家は、多くの「固定観念」や「思い込み」という先入観を持っている。

先入観とは、先に知った知識に基づいた、固定的な観念や思い込みのこと。

大人になればなるほど、固定観念や思い込みは増えていく。

今までの経験から「それはできない」「無理だ」「昔やってみたがダメだった」と、新しいことに挑戦しようとしない。

それは、「アンコンシャス・バイアス」と同じだ。

「アンコンシャス・バイアス」とは、「〇〇はこうすべきだ」「男はこうあるべき」等々の無自覚の固定観念や決めつけのこという。

狭い分野しか知らない人、同じ仕事しかしてこなかった人、交友関係が狭い人に多い。

多様性というダイバーシティに欠けている人でもある。

『いい言葉は、いい仕事をつくる』PHP文庫
https://amzn.to/3zZeHIK

今日のポイント

先入観や固定観念を壊すには…

●まったく違う分野の異業種の人と話す

●違う世代の人と接する

●素人(子ども)のように考える

●付き合う人や環境を変えてみる

●様々なジャンルの本を読む

●海外等の異文化に触れる

自分で自分の見方や考え方の枠を広げようとしてもなかなか難しいですね 

【LEDAのひまわり日記】
地球の裏側になぜ青年たちはいくのか?
レダにいった青年たちは何を感じ、何に驚き、どう消化し、どう成長していくのか?
聖地レダでの青年たちを週1回、発信します
まだ登録されてない方はどうぞ

友だち追加

コメント