自分に奇跡を起こす 江原啓之100の言葉

本心を育む人生を出発しましょう

実は本心を育むのに一番有効な手段は『本を読むこと』です。
なぜなら、本を読むことは人との深い出会いになるからです

人望がある人に共通しているのは、常に本を読んでいることと言われています
私は50年に人生でそれを実感しました

FUJU
FUJU

今日は引用は

自分に奇跡を起こす 江原啓之100の言葉

江原啓之 著 になります

今日の本の引用はこちら!

家族や上司、同僚、友人などとの関係に悩んだときは、「人があってこそ、自分が 磨かれる」ということを思い出してください。

その相手と出会ったことで、あなたの中でどんな変化が起こるのか、どんなふうに成長できるのか。

その視点をもっているかいないかで、人生が大きく変わります。

嫌うだけでは何も学べません。

出会いはすべて、自分の課題として与えられたものです。

人は自分と同じ波長の人と出会います。

たとえば弱い心をもっていると、同じように弱い人と出会います。

同時に、弱い心につけこもうとする人と出会います。

出会う人を観察すると、あなた自身が鏡のように映し出されるのです。

「私の周りにはイヤな人ばっかり」というのは、あなた自身が同じような人間になっているか、そういう人を引き寄せる波長を出しているのです。

それに気づけば、自分に何が足りないのかが見えてきます。

それが学びです。

すると、あなた自身が変われます。

変わる努力ができるのです。

おのずと出会いも変わってきます。

「私の周りには、いい人ばかりが集まるのよね」と言える人生になっていくのです。

《人は人がいないと学べません 人がいてこそ、自分が磨かれます 》


『自分に奇跡を起こす 江原啓之100の言葉』三笠書房
https://amzn.to/3elCppX

今日のポイント

幸福は「口福(こうふく)」から。言葉には、たましいが宿り、エネルギー(波動)があります。言葉の波動によって、人間関係は良くもなるし悪くもなります
「挨拶」「感謝」「喜び」「愛」「ほめる」。
自分の周りの人は、自分の波動、自分の言葉が引き寄せた「口福(こうふく)」
受け入れるところから、幸せが出発します

【LEDAのひまわり日記】
地球の裏側になぜ青年たちはいくのか?
レダにいった青年たちは何を感じ、何に驚き、どう消化し、どう成長していくのか?
聖地レダでの青年たちを週1回、発信します
まだ登録されてない方はどうぞ

友だち追加

コメント