「いそがない人」が、いい人生を送る

スポンサーリンク

本心を育む人生を出発しましょう

実は本心を育むのに一番有効な手段は『本を読むこと』です。
なぜなら、本を読むことは人との深い出会いになるからです

人望がある人に共通しているのは、常に本を読んでいることと言われています
私は50年に人生でそれを実感しました

FUJU
FUJU

今日は引用は

「いそがない人」が、いい人生を送る

 斎藤茂太 著 になります

今日の本の引用はこちら!

若いころはせっかちだった人も、年をとるにつれて、自然にゆっくり力が身について、ゆうゆうと生きてゆけるようになる、と単純に考えるかもしれないが、それは大きな間違いである。ほうっておけば、せっかちな人は年をとるにつれて拍車がかかり、ますますせっかちになっていくものである。
たとえばレストランで注文した品が、すぐに出てこない。五分待たされただけで、店員をつかまえて「まだなの?」というひとことが口から出る。おさえられない。そして、店員が自分の横を通るたびに催促したくなる。
「ちょっと、お待ちを」などといわれて後回しにされると、むしょうに腹が立ってくる。せっかちの度合いがどんどんエスカレートするのだ。がんこな人にも、同じことが起こる。年をとるにつれて、がんこに拍車がかかっていき、「あんな、がんこなじいさんはいない 」といわれるようになる。いじわるな人も度をこして、「あんな、いじわるばあさんは見たことない」となってくる。人の性格は、年をとるにつれて、もともとの性格が強く出てきて、極端にな っていくものなのである。
加齢により血管が硬くなるように、アタマも硬直化 して、思考に柔軟性がなくなるのであろう。アタマの柔らかい若い人ならば、注文したものがすぐに出てこなくても、「コックさんたちも、おいしいものをつくろうと、がんばっているのだろうなあ。だから多少の時間がかかるのも仕方がない。待たされる時間だけ、おいしいものが食べられるんだから、いいじゃないか」と考えることもできる。周りで食事をしている人たちを観察しながら、待っ時間を楽しむこともできる。ゆっくり力を養うためには、アタマも、日々、柔軟体操が必要である。
《年をとるとゆっくりカが身につく、はウソ》

『「いそがない人」が、いい人生を送る』知的生き方文庫
https://amzn.to/3EZCHhI

今日のポイント

心の中で「自分は(実年齢より)若い」と常に、思っている人は、それだけで明るく生きることができるそうです。こういう人たちは、年をとっても、「せっかち」「頑固」「いじわる」の度合いが少ない。
逆に、実年齢よりも年を取った、と感じている人たちは、文句や不平不満、愚痴や泣き言、悪口が多く、感謝がない。不機嫌で暗くて、新しいことを否定し、昔を懐かしんでばかりいるとのこと
『歳だから…』は禁句ですね

【LEDAのひまわり日記】
地球の裏側になぜ青年たちはいくのか?
レダにいった青年たちは何を感じ、何に驚き、どう消化し、どう成長していくのか?
聖地レダでの青年たちを週1回、発信します
まだ登録されてない方はどうぞ

友だち追加

コメント