放っておく力

スポンサーリンク

本心を育む人生を出発しましょう

実は本心を育むのに一番有効な手段は『本を読むこと』です。
なぜなら、本を読むことは人との深い出会いになるからです

人望がある人に共通しているのは、常に本を読んでいることと言われています
私は50年に人生でそれを実感しました

FUJU
FUJU

今日は引用は

放っておく力
枡野俊明 著 になります

今日の本の引用はこちら!

ともに仕事をした仲間が、会社を辞める。ともに厳しい練習に耐えてきた仲間が、チームを去る。三日にあげずともに酒を酌み交わした仲間が、転勤で遠方に行ってしまう。どんな形であれ、親しい人との親しい時間がなくなってしまうのはさびしいことです。去る者の背を追いかけていきたいくらいの未練が残るかもしれません。
しかし禅に、「去る者を追わず」という言葉があるように、別れのつらさ・さびしさを引きずることなく、淡々と見送るまでのことです。そもそも付き合いが途絶えてしまうのは、結ばれた「縁」が切れただけのこと。場合によっては復活することもあるし、どういうわけか切れない「腐れ縁」みたいなものもあります。
この「去る者は追わず」と同じくらい大事なのは、「来る者は拒まず」という姿勢です。自分と接点を持った時点で、それは大切な「ご縁」なのです。縁は人為的にコ ントロールできるものではありません。いうなれば「自然の巡り合わせ」ですから、あれこれ深く考えず、「去る者は追わず、来る者は拒まず」でいいのです。

『放っておく力』知的生き方文庫

所長視点

仏教では「苦しみ」のことを「思い通りにならないこと」だといいいます。世の中のほとんどのことは、自分の思い通りにはなりませんだからこそ、目の前にやってきた「ご縁」に感謝する生活をすることで「ご縁に導かれて」人生はうまくいくようになるのかもしれませんね 

ブログの登録をお願いします

【LEDAのひまわり日記】
地球の裏側になぜ青年たちはいくのか?
レダにいった青年たちは何を感じ、何に驚き、どう消化し、どう成長していくのか?
聖地レダでの青年たちを週1回、発信します
まだ登録されてない方はどうぞ

友だち追加

コメント