神様に喜ばれる人お金のレッスン

本心を育む人生を出発しましょう

実は本心を育むのに一番有効な手段は『本を読むこと』です。
なぜなら、本を読むことは人との深い出会いになるからです

人望がある人に共通しているのは、常に本を読んでいることと言われています
私は50年に人生でそれを実感しました

FUJU
FUJU

今日は引用は

神様に喜ばれる人お金のレッスン
斎藤一人 著 になります

今日の本の引用はこちら!

お金がないときでも、人にはできることがいくらでもある。まず、笑顔でいようよ。お金はなくても心は出せるんだからね。たとえば、知らない人に呼びかけるときに、おばさんかな?お姉さんかな?と思ったら、迷わず「お姉さん」と呼ぶの。お店で食事をしたら、笑顔で「ごちそうさま」って言う。「お金がないから、やれることがない」わけじゃなくて、「あなたがやらないだけ」なんだ。
よく、「一人さんは、どんなお店で食事をしても、『まずい』って文句を言いませんね」って言われるんだよね。でもね、自分が期待した味と違っていたとしても、その店のお父さんやお母さんは、その料理を出しながら、一生懸命、子育てしてきたのかもしれないんだよ。たとえ、「おいしくない」って、お客さんに言われちゃうような料理だとしても、その味で稼いで、子どもを大学にまでやっているかもしれないよね。どんなお店にだって、目に見える料理だけじゃない「ドラマ」があるんだ。

人には、1人ひとりに神様がつけてくれた壮大なドラマがある。あなたにも、あの人にもだよ。ほら、そう考えると、コンビニやスーパーのレジの人にも、笑顔で「ありがとう」って言いたくなってくるだろう?

世の中って、本当はすごく単純なの。それを立派なこと言いすぎるから、おかしくなっちゃうの。私のモットーは、「明るく元気」。40度の熱があっても元気だよ。悪いのは体で、心じゃないからね。あのね、弱気な言葉を出すと、脳が負けちゃうの。ウソでもいいから。そしたら周囲が安心するよ。

みんなが「ツラい」「大変だ」と言ってるときに、「全然平気ですよ」と言ってごらん。そうしたら黒板に1点、白い点が輝くんだよ。仕事が大変なのは当然なの。人と同じこと言ってちゃダメだよ。

『神様に喜ばれる人お金のレッスン』学研

今日のポイント

どんな厳しい局面になっても、愚痴や文句、泣き言や不平不満を言わないで、その逆を言うことを練習してみる。

「厳しい」→「おもしろい」

「いやになった」→「楽しくなってきた」

「忙しい」→「毎日とっても充実している」

「バカヤロー」→「ありがとう」

人の心を明るくする言葉、あたたかくする言葉、元気付ける言葉、思わずにっこりさせる言葉、そして、感謝の言葉…。やせがまんしても、相手を喜ばせることを言ってみますか 

ブログの登録をお願いします

【LEDAのひまわり日記】
地球の裏側になぜ青年たちはいくのか?
レダにいった青年たちは何を感じ、何に驚き、どう消化し、どう成長していくのか?
聖地レダでの青年たちを週1回、発信します
まだ登録されてない方はどうぞ

友だち追加

コメント