すべてをありがままに「受け入れる」

スポンサーリンク

本心を育む人生を出発しましょう

実は本心を育むのに一番有効な手段は『本を読むこと』です。
なぜなら、本を読むことは人との深い出会いになるからです

人望がある人に共通しているのは、常に本を読んでいることと言われています
私は50年に人生でそれを実感しました

この記事では、本を一部分を紹介し、解説することで
本を読む喜びを味わうことができます
1冊でも多くの本と出会うことで、本心の成長につなげるブログです


所長
所長

今日は

『笑顔で光って輝いて』

小林正観 著

からの引用です

本のポイントはここ!

自分の中に良し悪しの基準があり、基準通りにいくと喜ぶ。いかなければ悲しむ、
不満をもつことが結構あります。
私たちの悩みや苦しみのほとんどが「こうあるべき」というこだわり、
狭い価値観から出てきているように思います。
人や環境を変えることはできません。
それをまるごと受け入れる…これがラクに楽しく生きるスタートになります


今日の本の引用はこちら!

自分の思うような人であれば受け入れる(好きになる)、
自分の思うような人でなければ受け入れない(嫌いになる)という選び方をしているかぎり、
私たちは悩みや苦悩から抜け出すことができないように思います。
日常の中で大事なことは、この人(このこと)を好き嫌いで分ける訓練ではなく、
すべてをありがままに「受け入れる」ことを訓練していくことではないでしょうか。

「暑いですね」
「ジメジメした天気が続きますね」
「まったく、いつになったらすっきり晴れるんでしょうね」
というような会話を「天気の悪口」と呼びますが、
まずは「天気の悪口」を言わないところから、
毎日の天気を「そのまま受け入れる」ところからスタートすることにしましょう

~ 小林正観氏より ~


MCチャンネル登録

下のボタンから、MCネットを登録すると毎日朝7:00に自動的に配信されます。

まだ登録されてない方はどうぞ


↓↓↓
友だち追加

コメント