『感じる』ってなんですか? と聞くなよ

「本心を育む」のトリセツ

皆様の本心が刺激をうけ、栄養になりそうなお題を、まさきち所長がチョイスし

まさきち所長視点で解説しています

日々の生活で、真の家庭づくりにお役立てくださればさいわいです

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野性の力を取り戻せ [ 星野 文紘 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/8/5時点)


まさきち所長
まさきち所長

今日のお題は

羽黒山伏・大聖坊十三代目

星野文紘(ふみひろ)さん です

山伏って白い服きて

山を練り歩く人ですよね

まさきち所長
まさきち所長

星野さんは

出羽三山の麓に400年続く宿坊『大聖坊』で

国内外から山伏修行する人を受け入れているよ

「感じたままに生きる」星野 文絋 Fumihiro Hoshino at KUDEN
KUDEN Vol,2星野 文絋羽黒山 修験道(山伏)【プロフィール】1946年山形県出羽三山羽黒山宿坊「大聖坊」の三男として生まれる。 1971年東洋大学文学部を卒業後、「大聖坊」十三代目を継承し、「秋の峰」に初入峰、山...

今日のお題

ここで少し、修験道(しゅげんどう)について紹介しましょう。「修験道」とは、山に入って厳しい行をすることで気づきを得る、日本古来の教えです。「修験」とは「修行得験(とつけん)」「実修実験(じっしゅう)」の略語で、「身体を使って修める・験(しるし)をつかむ」という意味があります。山岳信仰をベースに密教や道教、神道、陰陽道などを包括したもので、もともとは日本全国に広がっていました。
修験者にとって「山」は神の棲む聖なる場所。修行で山に入ることによって、擬死再生(ぎしさいせい・生まれ変わり)を果たすと考えられているのです。山伏とは、『山』で『人」が『犬』になる、と書く。一人で山に入り、 四つん這いになって走り回る。 それが、山伏のやることだ。それ以上は、やってみなけりゃ わからない。
「山伏とは」『修験道とは」を、頭でわかって、なんになる?そんなことを考えていても、結局は外側にある知識をあてにしているだけだろう。山伏は、自然のなかに身をおいて、犬になる。もしくは、赤ちゃんに戻るんだ。赤ちゃんは、考えたりしない。「感じる」ことの優等生。みんな、生まれた時はそうだったんだよ。
それがさ、育っていくあいだにいろいろな知識が入って、 みんなと同じように良い子になって、テストで〇をもらうのをがんばって。どんどん、「感じる」は封印されていくんだよ。
「『感じる』ってなんですか?」と聞くなよ。それを聞く時点で、「感じる」が 完全に封印されている証拠だよ。山に入って修行して、感じたことを考える。山伏が修行をとおして歩く道、「修験道」とはそういうものだ。山伏修行の最中は、無言だ。ただただ、黙って山のなかを歩くんだ。
一つだけ、言っていい言葉がある。それは、「うけたもう」。なにがあっても、『うけたもう」だ。修験道は基本的に、「うけたもう」の精神だ。そもそも、神仏習合だろ。祝詞も唱えるし、 お経も真言も唱える。山岳信仰に道教や仙人思想も入っているしね、すべてを取り込んでいくんだ。
「鬼」っているだろう。一般的には悪者にされているけれど、 修験道では鬼も仲間だ。鬼も取り込んで、神様にしちゃうんだ。『うけたもう』ってね、 『委ねる』ってことだよ。そこにはさ、信頼があるんだ。 『うけたもう』の世界には非人間的なことは出てこない。だから、『うけたもう』できるんだよ。
修験道はね、ゆるやかなんだ。なんでも吸収しちゃう。境界線は曖昧だよ。もともとと日本って、 そういうところのある国だよ。だから、それでいいんだ。

『野生の力を取り戻せ』(渡辺清乃・女山伏)日本能率協会マネジメントセンター
https://amzn.to/3CdtAt3
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野性の力を取り戻せ [ 星野 文紘 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/8/5時点)


所長視点

山伏の修行は、考えずに「感じること」で思考や、論理を超えるなかで悟っていくことです。感じて行動するなかで、心を育んでいくことができる。そこに人生の醍醐味があります。私達は考えすぎる傾向があります。どうしてこれをしないといけないのか?これをするとどうなるのか?しかし、考えて解決する問題などほとんどありません。「うけたもう」とは、すべてを肯定し、自分を委ねることで、神様が導ける自分になることです。人生のすべての基本がそこにあるのかもしれません




※下のボタンから、MCネットを登録すると毎日、朝7:00に自動的に配信されます。
まだ登録されてない方はどうぞ

↓↓↓
友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました