これも修行のうち。 実践!あらゆる悩みに「反応しない」生活

スポンサーリンク

本心を育む人生を出発しましょう

実は本心を育むのに一番有効な手段は『本を読むこと』です。
なぜなら、本を読むことは人との深い出会いになるからです

人望がある人に共通しているのは、常に本を読んでいることと言われています
私は50年に人生でそれを実感しました

FUJU
FUJU

今日は引用は

これも修行のうち。 実践!あらゆる悩みに「反応しない」生活

 草薙龍瞬 著 になります

今日の本の引用はこちら!

毎日が、今より少し楽しく、心軽く、快適にすごせたらいいな…きっと、多くの人がそう感じていることでしょう。ただ現実には、次から次にやってくる仕事や雑事、悩ましい人間関係やストレス、先の見えない将来や、ネットやスマホ、メディア情報との「お付き合い」など、「正直、疲れる」モノゴトで一杯です。最初に確認したいのは、「何ごとも考え方が大事である」ということで、一般に、人はモノゴトに「つい反応してしまっている」のであって、「正しい考え方」に立って生きているわけではありません。
たとえば、仕事や人間関係で「理不尽な」思いをすることがあります。「なんでこうなるのか?」と反応してしまい、疑問、葛藤、納得いかない思いが湧き起こる…こういう体験は、誰でもしているはずです。もしこのとき「自分の考え方」しか持っていなければ、あらゆることに自分流の“こだわり”で反応してしまいます。
たとえば自信が今ひとつ持てない人なら、「わたしが信頼されていないから?」と疑心暗鬼になったり、「能力が低いと思われている」とヘコんだり。怒りっぽい人なら、簡単に腹を立てて、誰かれかまわずグチをこぼしたり、ヘソを曲げたりします。
また「認められたい」気持ちで一杯の人なら、「わたしだって一生懸命やっています(泣)」と自己主張を始めて、周囲から「いや、そこは問題ではないのだが…」と顰蹙を買うこともあります。こうした自己流の“こだわり”は、さらに尾を引きます。心はざわつき続け、「そういえばあのときも…」と記憶を検索したり、「そんなことをいうなら、あの件(あの人)はどうなんだ?」と責任転嫁や反撃が始まったりと、「ムダな反応」が続きます。
こうした反応が数珠つなぎになって、アタマはイライラ、モヤモヤ状態に突入していきます。こうした、よくある心情は、「ただ反応している状態」です。人はみな、日々、反応しまくりです。でも、ブッダにならって、「この状況ならこう対応すればいい」という考え方の手順が最初にはっきりしていれば、自分の“こだわり”だけで反応することなく、正しい道筋でモノゴトをとらえられるようになります。
では具体的に、どんな「考え方」から始めるか。最初は、これです…。
「どんなときも、方法がある」(だからなんとかなる)
何が起きてもそう考えられる(発想できる)ようになること。それを最初の目標にすえましょう。

つらくなったら、「方法はある」。
不安や迷いを感じたときも「方法はある」と、自分に言い聞かせるのです。その方法は意外とシンプルで「使う言葉を変えればいい」のです。というのも、思考は言葉で作られるからです。つい否定的な思いが出てきたら、「方法はある」と繰り返してください。
つらくなったら「方法はある」。
憤慨したときも「方法はある」。
不安や迷いを感じたときも「方法はある」。
まずは言葉で繰り返すこと。そうして抒情に「考え方」を作りかえていくのです。


『これも修行のうち。』KADOKAWA

今日のポイント

どんな心配ごとであろうと、嫌なことであろうと、その人に見合った問題しか起こらないという。
乗り越えられない問題はやってこないのだから「大丈夫」「心配するな」「何とかなる」。
方法はある、だからなんとかなる。あとは肚(はら)をくくりだけ…      

ブログの登録をお願いします

【LEDAのひまわり日記】
地球の裏側になぜ青年たちはいくのか?
レダにいった青年たちは何を感じ、何に驚き、どう消化し、どう成長していくのか?
聖地レダでの青年たちを週1回、発信します
まだ登録されてない方はどうぞ

友だち追加

コメント